FC2ブログ

ふみ特「デザイン雑記帳」へようこそ

富岡史棋の日々のアイデアとその記録 

2020.01.01[水] このサイトの説明

ようこそ

ご覧いただきましてありがとうございます
このサイトは、日々のアイデアメモやスケッチを、ノートに気ままに綴る気分で「デザイン雑記帳」と名付けました

主な掲載内容
●グラフィックデザイン 仕える事の記録
●デザイン応援団 さまざまな社会問題に取り組む人や市民団体の視覚伝達・広報デザインを応援する活動
●子どもたち応援団 「子どもたちといっしょに笑いたい」という気持ちで始めた、子どもたちを応援する活動

*視覚伝達とは、五感の中の視覚に頼った、ひとつの伝達手段にすぎないということを忘れずに
 それよりも、もっとおおらかに、相手を肯定し、魂の部分で応援する立ち位置でいたい
 たとえば相手のはなしをきき、こころの声をきく、そういうことが大切だったりする


誰かが元気になったり笑ってくれるようなことができたらうれしい
自分も、こころの底から笑いたい (2011.07.17)



グラフィックデザイナー
アートディレクター

ふみ特 富岡史棋 (とみおかふみき)  →メールはこちらまで
    00:00  Top

2019.03.21[木] 「きむらかほりとお茶べりしましょ!」リーフレット

・手描きタイトル
kimurakahori_ochaberi.jpg



・「きむらかほりとお茶べりしましょ!」マーク
ochaberi_logo_web_1.jpg



・リーフレット
ochaberi_leaf_omote_fin.jpg
ochaberi_leaf_naka_fin.jpg

ochaberi_sketch_web.jpg



・基調色のヒント:青豆の元、煮て、すりつぶして/梅干し/みそ/くるみ
20190307_lunch_2s.jpg
20190221_aomame_2s.jpg
撮影:富岡史棋







もう10年以上前、理由はいろいろありますが
選挙のポスターやコミュニケーションツールのデザインはやらないと決めていました
時は流れ、八ケ岳西南麓は茅野に移住して8年になる2019年
茅野市議選に立候補することになったきむらかほりさんは、この地で縁をもらった仲間です
これはもう 

やまです。「……のぼるしかないやろ」 『うどんのうーやん』より

なのです
ということで、きむらかほりさんをデザイン応援することになりました


─────────────────────────────────────

先ずは
【きむらかほりのいいとこみっけ!】(いつもやるプロセスです)
・明るい!
・親しみやすい
・元気をもらえる
・よく笑う
・面白い
・おせっかい
・何事にも全力
・パワー全開
・人を○○○で判断しない
・仲間を大切にする
・置いてけぼりにしない
・話しが分かりやすい
・意見が言える
・提案ができる
・自分らしくいられる人
 などなど… きむらかほりさんはこんな人です(でも一面でしょうが)
*以上、仲間の声です

─────────────────────────────────────

【デザインの元】
きむらかほりさんは、今まで「おしゃべり会」という場をつくってきた人です
だれかの声にならない声を聴ける人です
だれかの痛みを感じられる人です

・喫茶去:まあ一杯お茶でもどうぞ
・対話:リラックスしておしゃべりしましょ
・肯定:どんなことでも言っていいよ、はずかしくないよ
・承認:うんうん、そうだよね
・受容:ごちゃまぜ(いろんな人がいていい、いろんなことがあっていい)
・コミュニティ:縄文からつづく家族や仲間との暮らしが営まれてきた地
・存在価値:生きているそのままでいい、その人らしさ
・色:日常生活の中の食卓の色

そんな感じで、おいしいお茶でものみながら
いっしょにおしゃべりしましょうという
彼女のいつもやっていることを「お茶べりしましょ!」ということばにして
緑茶が薫る湯のみが手をふって、あなたの元にたずねていく姿をあらわしました
これが、これからの彼女の「お茶べり会」の目印になります
缶バッジもつくろうと思います

─────────────────────────────────────

今、仲間が集まって選挙に向けて話し合いながら動いています
今までの市民活動と、そんなに変わりません

茅野市民のみなさん
きむらかほりさんと会って、おいしいお茶べりをしてみてはいかがでしょうか?

リラックスして安心した状態での生身のやりとりを重ねることで
まちづくりのアイデアが生まれるという気がします

なだらかな稜線とひろい裾野
わたしは八ケ岳の麓が大好きです
この地に暮らす人たちが同じ風景をながめています
人と人の自然体のつながりが生まれるのは
この場所だからこそと感じられます






きむらかほりを応援する会 クリエイティブチーム
撮影:花岡恵梨子 (Petit Ange)
コピー:及川 結
デザイン:富岡史棋

デザイン応援先:きむらかほりを応援する会
2019年
    10:06  Top
    20:07  Top

2019.02.17[日] 「変身市場でよみフェスやろうよ!」 リーフレット / ポスター / 会場イメージ図アイデアスケッチ

・横型ポスター
HIYY201903_B3poster_fin.jpg



・二つ折りリーフレット
HIYY201903_leaf_fin_omote.jpg
HIYY201903_leaf_fin_naka.jpg



・会場イメージ図アイデアスケッチ
20190129_sketch_new_1_2s.jpg
20190129_sketch_new_2s.jpg
20190130_sketch_new_3s.jpg
20190130_sketch_new_4s.jpg





変身市場でよみフェスやろうよ!
2019年3月17日(日)
茅野市民館 マルチホール / ロビー
10:00–21:00


あたまパッカーン! する楽市楽座
いろんな人がいっしょにいられる場所づくり
あなたはあなたのままでいい


変身市場でよみフェスやろうよ! オフィシャルサイト
変身市場でよみフェスやろうよ! オフィシャルブログ







変身市場アートディレクション・デザイン / よみフェスやろうよ! 提案者: 富岡史棋
cl: 茅野市民館
2019年
    06:00  Top
    17:13  Top
    19:20  Top

2019.01.03[木] 「正月カフェ」

20190103_syogatsucafe_1s.jpg
20190103_syogatsucafe_2s.jpg
20190103_syogatsucafe_3s.jpg
20190103_syogatsucafe_4s.jpg




できたことやよかったことを
自分で確認して伝えるというもの

「正月カフェ」は今回で3年目
家族それぞれが今年一年をかけて
やってみたいことやなりたい姿を書き出して
ちゃぶ台を囲み、お茶を飲みながら
ひとりずつ伝えるというこころみ

-

ルールは
「相手のはなしをちゃんときくこと」
「相手のいいとこみっけをすること」

-

みなが一通りはなし終わった後は
互いに相談したり協力できることをやりとりする
そして心づもりをする

3年目=3回目ということもあり
子どもたちも恥ずかしがらずに
自分の気持ちを伝えてくれるようになりました

家族であってもそれぞれ違う人生
「こんなことがしたいのか」「こんなことを考えていたのか」
ということもあります

いっしょに生きていく中で
安心できる場所で、ことばにして伝え合う

「正月カフェ」はいつまでつづくのかは分かりませんが
わが家の行事になりつつあります

みなさんおつかれさまでした
気持ちをきかせてくれてありがとう




---



・初詣の風景
20190103_1.jpg
20190103_2.jpg
20190103_3.jpg
20190103_4.jpg
20190103_5.jpg
20190103_6.jpg
20190103_7.jpg
20190103_8.jpg



2019年
    19:28  Top

2019.01.03[木] 2019年賀状

2019_nyc_tomi.jpg



変身市場でよみフェスやろうよ!
いろんな人がいっしょにいられる場所づくり
いろんな人といっしょにつくります




2019年
    19:23  Top
    14:54  Top

2018.12.23[日] 「ケアする人のケアセミナー in すわ」分科会の賑やかし

・せめてものふんどしと横断幕づくり
20181215_sketch_1s.jpg
20181215_paint_1s.jpg
20181215_sketch_s2.jpg
20181215_paint_3s.jpg
20181215_paint_4s.jpg
20181215_paint_5s.jpg
20181215_paint_6s.jpg
20181215_paint_7s.jpg

・当日の様子
20181216_000.jpg
20181216_00.jpg
20181216_0.jpg
20181216_2.jpg
20181216_3.jpg
20181216_4.jpg
20181216_carecare_1.jpg





ケアする人のケアセミナーinすわ
2018年12月16日(日) 10:00〜16:00
会場:[全体会]おかや総合福祉センター諏訪湖ハイツ コンベンションホール
[分科会]長野県男女共同参画センターあいとぴあ 会議室及び多目的室ほか
参加費:無料(先着200名)

超高齢社会に入り、一人ひとりの生き方をどう支えるかが社会全体の課題です。
しかし、医療や福祉の制度が整えられサービスが多様化する一方で、ケアする人たちの負担は大きく、
疲れやストレスなどから苦悩するケースも少なくありません。
苦悩は孤立することでますます深くなり、ケアする人もされる人も大きな痛みを人知れず抱えてしまうことが危惧されます。
それを防ぐには、人と人がお互いのことに関心を持ち、助け合うことの喜びを取り戻すことが必要でしょう。
また、ケアの大切さや奥深さなどを社会全体で共有することで、
誰もが安心して豊かに暮らすことのできる地域づくりにつながるのではないでしょうか。
このセミナーでは、介護や介助、子育てなど、誰かを支えることに苦悩しながらも乗り越えてきた
さまざまな実践に耳を傾けながら、ケアのあり方やケアのこれからについて語り合います。
そして、愛着のある地域で誰もがともに幸せに暮らすことのできる支え合いの文化づくりについて学び合います。
(たんぽぽの家ウェブサイトより転載)

---

わたしは開催会場の地域の実行委員会にさそわれて参加し
「居場所」の可能性の分科会を担当しました

自分たちが暮らす地域の中で
誰かの痛みを和らげたり、支援したり、居場所づくりをしたりと
実践している人たちがいて、その人たちの気持ちを知ることができました
会場全体で何かを分かち合うことができました
あたたかな空間で、みなさんといっしょにいられたことがうれしく
ありがたいことでしあわせでした

ご縁をいただいたみなさん、ありがとうございます
つながって、クリエイティブなことをごいっしょしましょう





2018年
    10:52  Top
Pagetop