fc2ブログ

デザイン雑記帳

富岡史棋デザイン室/日々のアイデアと記録 

2020.11.22[日] 「山ん家フェス」広報ツールデザイン

・リーフレット
YamanchiFest2020_leaf_OMOTEs.jpg
YamanchiFest2020_leaf_NAKA_3s.jpg
YamanchiFest2020_leaf_URAs.jpg


・スケッチ
20200803_sketch_reaf_1s.jpg
YF2020_map_sketch.jpg


・SNS用PR
YamanchiFest2020_suki_5.jpg

YamanchiFest2020_suki_7.jpg

YamanchiFest2020_suki_11.jpg

YamanchiFest2020_suki_12.jpg

YamanchiFest2020_suki_13.jpg


・躍女広場パンフレット
YAKUJO_pamp_fin_H1_s.jpg



・当日の様子
20201018_YF2020_1.jpg
20201018_YF2020_2.jpg
20201018_YF2020_3.jpg
20201018_YF2020_4.jpg
20201018_YF2020_5.jpg
20201018_YF2020_6.jpg
20201018_YF2020_7.jpg
20201018_YF2020_8.jpg
20201018_YF2020_9.jpg
20201018_YF2020_10.jpg
20201018_YF2020_11.jpg
20201018_YF2020_12.jpg


・準備の様子
20201009_YF2020_1.jpg
20201009_YF2020_2.jpg
20201009_YF2020_3.jpg
20201009_YF2020_4.jpg
20201009_YF2020_5.jpg
20201009_YF2020_6.jpg






【山ん家の活動をPRする野外フェスの広報デザイン案件】


初開催の「山ん家フェス」
前日まで大雨、天気予報は晴れ
そして迎えた当日の早朝は雨上がり
朝霧の白樺湖畔で無事開催できました

山ん家メンバーのみなさんが
子育てや仕事のある毎日の暮らしの中
そしてとても短い準備期間の中
もうやるしかないって感じで
フェスづくりに純粋に向かっていく姿をみてきました

・フェスの企画/制作
・各所に連絡/足を運んで協力を求めるコーディネーション
・メンバー間の情報共有に意思疎通
・コロナ対策
・広報の中身の検討
・フェス会場の設計
・展示物の準備
・子どもたちとのコラボ などなど

0からメンバーが力を合わせて
精一杯のエネルギーを注いできました

また、メンバーである女性たちだけではなく
父親や観光業・サービス業のみなさん
協力してくれる知人や友人、出店者のみなさんなどなど
関わる人もたくさんいて
いい波動、いいエネルギーが集結しました
準備、運営する姿は心地いい風景でした

そして何より
子どもたちがうれしそうに大活躍
役割があることは居場所があることでもあります
でももちろん、そこにいてくれるだけでいい
笑ったり、泣いたり、はしゃいだり
いきいきした姿はうれしい気分になれました

広報デザインのポイントは
山ん家の子どもたちに「山ん家の好きなヒト・コト・モノはなんですか?」と問いかけて
絵を好きなように描いてもらったこと
それらの絵をリーフレットやパンフレットや展示物のビジュアルとして展開したこと
自分が描いた絵が印刷されて、いろんな人の手に渡るうれしさがあります
ダンボールの展示物はメンバーの大人の母親たちがほとんど全てつくり上げました
大人も子どももみんなでフェスづくりをするという、そのプロセスを大事にしました

メンバーのワークショップの中から、活躍する女性=「躍女」ということばも生まれました

山ん家のみなさん、無事の開催おめでとうございます
しあわせなひと時をありがとうございます
子どもたち、絵を描いてくれたり
フェスづくりに参加してくれてありがとう
お会いしたみなさんも、ありがとうこざいます

まちづくりはつづいていきます

(山ん家メンバーはすごいんです)




---




【団体概要】

休日子育てシェアハウス「山ん家」とは

休日の子どもの居場所プロジェクト@蓼科
観光業における女性のキャリア継続支援と新たな雇用創出のために~

「観光立国日本」「女性活躍」「働き方改革」が叫ばれる昨今ですが、
休日こそ働きたい観光地の女性たちは育児との両立で悩み、
その子どもたちもまた、休日に親に構ってもらうことができずストレスを抱えて過ごしています。
私たちは、こうした課題を皆で乗り越えようと昨年の10連休をきっかけに、
2019年4月「休日子育てシェアハウス山ん家」を立ち上げました。
親が子どもたちを交代で見守り合うことで、大人も子どもも休日がHappyになれば
という思いに賛同した親子は約60名。構想から約半年という短期間で集い、見守り合いの活動を続けています。
私たち山ん家は、観光地だからこそできるワクワクする新しい子育てスタイルと、
そこから生まれる新しい蓼科の魅力を発信していきます。

(以上、山ん家の資料より転載)






デザイン応援先: 山ん家
2020年
    15:06  Top

2020.11.22[日] 「やりたきゃ やっちゃいなよ!」 講座告知チラシ

・チラシ

leaf_YaritakyaYachainayo_fin_omote_s.jpg
leaf_YaritakyaYachainayo_fin_ura_s.jpg

---

・タイトル

title_YY_tate.jpg
title_YY_yoko.jpg

---

・メモ/アイデアスケッチ

YdW_title_idea_20200512_1s.jpg

20200610_idea_sketch_1.jpg

20200815_sketch_1s.jpg

20201031_sketch_1s.jpg

20201031_sketch_title_1s.jpg




yy_photo_1.jpg

yy_photo_2.jpg

yy_photo_3.jpg

YY_flier_photo.jpg







八ヶ岳西麓、原村を拠点として
良質なワークショップの企画・実践を通じて活躍する女性を応援ているYazipen de Workshop主催の
「やりたきゃ やっちゃいなよ!」という名の講座の講師役と告知チラシのデザインを担当

わたしは、八ケ岳山麓に移住してもうすぐ10年になります
不器用な人間なので、あまり積極的には活動していませんが
自然な流れの中で、つながりが生まれ
この地で暮らす人たちとコラボして楽しいことをできるようになりました

「やりたきゃ やっちゃいなよ!」というタイトルは
参加する人たちに向けて「だいじょうぶ、できるよ!」というような
応援する気持ちでつけました
同時に自分への鼓舞のようなものでもあります

ひとりひとりの声をきき合って
その人らしさややりたいことを分かち合い
自発性を引き出すことができたらうれしいです

ワクワクするのははなぜか?
みなで共感できる場になると思います
楽しいこと、ごいっしょしましょう

(タイトルの前につく「じゅんとみっちゃんとトミーの」という部分は
少し恥ずかしい気もしますが、これも八ケ岳らしさということで…)






【講座概要】

じゅんとみっちゃんとトミーの「やりたきゃ やっちゃいなよ!」
〜やりたいことを、楽しく、仲間とともにカタチにしよう〜


*全5回
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
【第1回】
2021年1月22日[金] 10:00–12:00
全体オリエンテーション+自己紹介
+ワークショップ1
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
【第2回】
1月29日[金] 10:00–12:00
「人生は七転び八起きのROCKだぜ!」 高橋 淳
+ワークショップ2
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
【第3回】
2月5日[金] 10:00–12:00
「集えば生まれる! ~輪のおしえ~」 堀之内通子
+ワークショップ3
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
【第4回】
2月12日[金] 10:00–12:00
「スケッチしよう! ~普段の生活が楽しくなる~」 富岡史棋
+ワークショップ4
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
【第5回】
3月12日[金] 10:00–14:00 *講座終了後ランチ付
「やりたきゃ やっちゃいなよ! 公開プレゼンテーション」 全員参加
*講師たちもプレゼンする予定ですよ♪( デリ & カフェ「K」にて)


【講座参加費・定員】
参加費:全5回・最終日ランチ代込み 10,000円
場所:八ヶ岳自然文化園 小研修室(予定)
定員:10名 持ち物:筆記用具





デザイン応援先: Yazipen de Workshop
2020年
    11:25  Top

2020.11.22[日] 「玉川ケヤキウィーク」広報ツールデザイン

・告知チラシ
TKW2020_flier_fin_s.jpg


・パンフレット
TKW2020_PAMP1s.jpg
TKW2020_PAMP2s.jpg
TKW2020_PAMP3s.jpg



・玉川ケヤキフェス準備室のミーティングの様子
(7/18のフェスをやるかどうかを決める会)
20200718_TKW_1.jpg
20200718_TKW_2.jpg
20200718_TKW_3.jpg
20200718_TKW_4.jpg
20200718_TKW_5.jpg
20200718_TKW_6.jpg
20200718_TKW_7.jpg

(11/21の振り返りの会)
20201121_TKW_1.jpg
20201121_TKW_2.jpg
20201121_TKW_3.jpg
20201121_TKW_4.jpg






コロナ禍で人が集まるイベントはのきなみ中止の中
3000人以上が集う玉川地区恒例のコミュニティまつり「玉川ケヤキフェス」も
中止にせざるをえないという空気が流れました

開催を検討するのは、玉川ケヤキフェス準備室
玉川地区コミュニティ運営協議会に関わる方々や
歴代のコミュニティセンター所長や職員、福祉やデザインに関わるメンバーで構成されています
わたしは、アートディレクションやデザインやアイデア出しで関わっています

「地域の飲食店を何とか応援したい」
「コミュニティづくり=人と人とのつながりを生む、このフェスを中止にするのはもったいない」など
何とかいいアイデアがないものかと話し合いを重ねる中で
「一ヶ所に大勢の人が集えないならば、分散して出かけよう」という逆転の発想が生まれました

新型コロナウイルス感染症予防の対策をした上で
玉川の魅力を再発見できる5つのイベントン柱を打ち出して
土日二回をはさんだ特別な9日間という、ゆったりした期間で無事に開催できました

対話と変化
関係性と柔軟性

玉川ケヤキフェスに関わる人たちは
ポジティブな対話ができて、なかなか気持ちいいのです

準備室のみなさん、ありがとうございます
企画運営に関わっていただきましたみなさん、ありがとうございます
協力いただいた飲食店、施設、企業のみなさん、ありがとうございます
玉川ケヤキウィークに参加してくれたみなさんも、ありがとうございます

まちづくりはつづいていきます





デザイン応援先: 玉川地区コミュニティ運営協議会
Fb: 玉川地区コミュニティ!
2020年
    08:00  Top

2019.09.12[木] 「思わず手にとるトミーのチラシづくりカフェ」告知チラシ

・チラシ表面
fliercafe_flier_fin.jpg

・チラシ裏面
fliercafe_flier_fin2.jpg


・スケッチ
20190908_sketch_2.jpg
20190909_sketch_1.jpg




諏訪地域「信州こどもカフェ」推進事業
「思わず手にとるトミーのチラシづくりカフェ」告知チラシ

1回目 10月5日(土) 15:30–18:00 
2回目 10月19日(土) 18:30–21:00 
3回目 10月27日(日) 15:30–18:00   
ゆいわーく茅野3F集会室

対象 :子どもの居場所・子ども食堂・子ども支援などの活動を行なっている方
これから活動を考えている方 (親子参加OK!)

「トミーの」は相当はずかしいところですが…
久しぶりにデザイン応援、案内役をやります
託児あり(要申込)、親子参加OK、子どもの声がする空間で
自分がつくりたいチラシを実際につくるという内容です
(他のコミュニケーションツールでも可)
安心してはなしができてきける場所です
結構楽しくなると思います
諏訪周辺のみなさん、いかがでしょうか

*おいしいお茶と「いちにち絵本喫茶」クッキーと交流つき
*持ち帰りの宿題あり(ひとりの時間で集中できる、かも)

【主催・申込・ 問合せ先】
諏訪圏域子ども応援プラットフォーム
Fbはこちら




デザイン応援先:諏訪圏域子ども応援プラットフォーム
    14:54  Top

2019.03.21[木] 「きむらかほりとお茶べりしましょ!」 リーフレット / ポスター / 看板類

・手描きタイトル
kimurakahori_ochaberi.jpg



・「きむらかほりとお茶べりしましょ!」マーク
ochaberi_logo_web_1.jpg



・リーフレット
ochaberi_leaf_omote_fin.jpg
ochaberi_leaf_naka_fin.jpg

ochaberi_sketch_web.jpg



・基調色のヒント:青豆の元、煮て、すりつぶして/梅干し/みそ/くるみ
20190307_lunch_2s.jpg
20190221_aomame_2s.jpg
撮影:富岡史棋



・ポスターとリーフレット
20190412_kahori_2s.jpg



・看板類
20190412_kahori_1s.jpg
20190412_kahori_3s.jpg
20190412_kahori_4s.jpg
20190412_kahori_5s.jpg
20190412_kahori_6s.jpg
20190412_kahori_7s.jpg
20190412_kahori_8s.jpg
20190412_kahori_9s.jpg
20190414_kahori_1s.jpg
20190414_kahori_2s.jpg
応援する人たちで寄せ描きのようにつくりました






もう10年以上前、理由はいろいろありますが
選挙のポスターやコミュニケーションツールのデザインはやらないと決めていました
時は流れ、八ケ岳西南麓は茅野に移住して8年になる2019年
茅野市政に挑戦することになったきむらかほりさんは、この地で縁をもらった仲間です
これはもう 

やまです。「……のぼるしかないやろ」 『うどんのうーやん』より

なのです
ということで、きむらかほりさんをデザイン応援することになりました


─────────────────────────────────────

先ずは
【きむらかほりのいいとこみっけ!】(いつもやるプロセスです)
・明るい!
・親しみやすい
・元気をもらえる
・よく笑う
・面白い
・おせっかい
・何事にも全力
・パワー全開
・人を○○○で判断しない
・仲間を大切にする
・置いてけぼりにしない
・話しが分かりやすい
・意見が言える
・提案ができる
・自分らしくいられる人
 などなど… きむらかほりさんはこんな人です(でも一面でしょうが)
*以上、仲間の声です

─────────────────────────────────────

【デザインの元】
きむらかほりさんは、今まで「おしゃべり会」という場をつくってきた人です
だれかの声にならない声を聴ける人です
だれかの痛みを感じられる人です

・喫茶去:まあ一杯お茶でもどうぞ
・対話:リラックスしておしゃべりしましょ
・肯定:どんなことでも言っていいよ、はずかしくないよ
・承認:うんうん、そうだよね
・受容:ごちゃまぜ(いろんな人がいていい、いろんなことがあっていい)
・コミュニティ:縄文からつづく家族や仲間との暮らしが営まれてきた地
・存在価値:生きているそのままでいい、その人らしさ
・色:日常生活の中の食卓の色

そんな感じで、おいしいお茶でものみながら
いっしょにおしゃべりしましょうという
彼女のいつもやっていることを「お茶べりしましょ!」ということばにして
緑茶が薫る湯のみが手をふって、あなたの元にたずねていく姿をあらわしました
これが、これからの彼女の「お茶べり会」の目印になります
缶バッジもつくろうと思います

─────────────────────────────────────

今、仲間が集まって選挙に向けて話し合いながら動いています
今までの市民活動と、そんなに変わりません

茅野市民のみなさん
きむらかほりさんと会って、おいしいお茶べりをしてみてはいかがでしょうか?

リラックスして安心した状態での生身のやりとりを重ねることで
まちづくりのアイデアが生まれるという気がします

なだらかな稜線とひろい裾野
わたしは八ケ岳の麓が大好きです
この地に暮らす人たちが同じ風景をながめています
人と人の自然体のつながりが生まれるのは
この場所だからこそと感じられます






きむらかほりを応援する会 クリエイティブチーム
撮影:花岡恵梨子 (Petit Ange)
コピー:及川 結
デザイン:富岡史棋

デザイン応援先:きむらかほりを応援する会
2019年
    10:06  Top
    17:13  Top

2018.12.22[土] 三鷹市立三鷹図書館 「くまの子ウーフコーナー」タイトルと構想図スケッチ

・くまの子ウーフコーナー タイトル
uff_title_2.jpg


・くまの子ウーフコーナー 構想図スケッチ
20170129_uff_1.jpg
20170129_uff_2.jpg
20170129_uff_3.jpg

・コーナーの様子
ufu_c_from_mikata.jpg
写真提供:三鷹市立三鷹図書館




三鷹市立三鷹図書館(本館)
「くまの子ウーフコーナー」12月22日にオープン! (2018年)

タイトルと構想図スケッチ
スケッチを描いた後は委ねました
(具体的な企画制作には関わっておりません)

市民のみなさんから愛される場所になりますように

神沢利子さんや三鷹市に関わることに
ご縁をいただいてうれしくてしあわせです
ありがとうございます

三鷹市市民協働事業「神沢利子展プロジェクト」





cl: 三鷹市立三鷹図書館
2018年
    22:34  Top

2018.08.05[日] 「Yoik and Kiyari Project 2018」ポスター / チラシ / ポストカード / プログラムリーフレット

・B1ポスター
B1_poster_Yoik_s.jpg
B1_poster_Kiyari_fin_s.jpg

・ポストカード
20180818_YKP2018_DM.jpg

・プログラムリーフレット
20181111_ykp_program_s.jpg






デザイン応援案件




伝統の声が創る 新しい諏訪の力
Yoik and Kiyari Project 2018

2018年11月11日[日] 13:30開演(13:00開場)
茅野市民館コンサートホール

【プログラム】
・シンポジウム「サーミ文化承継の取組み」13:30〜
・コンサート「木遣とヨイク 声の共演」14:45〜

\〈ファンクラブ〉サーミ・フレンズ募集中/
一次募集:先着150名 募集期間:2018年9月6日(木)まで
特典:コンサートチケット先行割引販売 など
   (一般販売価格4,500円→3,500円に)

---

北欧ノルウェー社会を参考に
諏訪地域の将来像を探る


その地ならではの自然、そこで育まれた言葉、歌、習慣、歴史、
守られてきたものが持つ力強さと美しさがあります。
一方、日々の変化や進歩の中で、古きものとのバランスは難しい。
私たちにとって、変わらず残すべきものとは何でしょうか。
特に、将来を担う地域の学生、彼らのお母さん方と考えたい。
そのために、このプロジェクトを立ち上げました。
欧州の北極圏で困難を経て、守られてきたサーミ民族のヨイク。
諏訪地域の御柱祭を通じて伝えられる木遣唄。
遠く8000キロ離れた伝統の声が、
世界で初めて、諏訪で交わる機会をつくります。
ぜひ、心揺さぶられる声の体験を共有しましょう。
2018年11月11日
長野県茅野市でお会いするのを楽しみにしています。

Yoik and Kiyari Project 2018 Global Team

(チラシより転載)

---

Performers: Chino-city Kiyari Preservation Society / Mikkel Rasmus Logje / Katarina Barruk

Planning and Production: Yoik and Kiyari Project 2018
Producer: Nobuhiko Morioka / Toshiyuki Natori
Director: Haukur J. Gunnarsson
Stage Manager: Kenji Oshima

Supported by: Norwegian EmbassyTokyo / Scandinavia-Japan Sasakawa Foundation / Nagano prefecture, Japan
Partner: THE SAMI NATIONAL THEATRE BEAIVVÁŠ / ÅARJELHSAEMIEN TEATERE
Organizer: Yoik and Kiyari Project 2018 Co-organizer: Chino Cultural Complex
Administration: Kiyari and Yoik Committee in Suwa, Nagano

Designing: Fumiki Tomioka 
Photo: Aslak Mikal Mienna, Nobuhiko Morioka 
Model: Ann Majbritt Eriksen, Chino-city Kiyari Preservation Society 
Calligraphy: Futou Tomioka

2018年
    21:57  Top

2018.07.10[火] 「森の便利屋さん アットホーム原村」PRカード

・表面
AtHomeHaramura_DM_omote_fin.jpg

・裏面
AtHomeHaramura_DM_ura_fin.jpg


・スケッチ
20180623_idea_1s.jpg





誠実な方
「森の便利屋さん アットホーム原村」代表のエイジさんからの依頼
「自分がやっていることを地域の人に分かりやすく伝えたい」というリクエスト

木の伐採一本からハチの駆除まで
暮らしの中の困りごとを解決してくれます

困り木、不必要な木・不必要な枝のみ伐採し
安心して過ごせる場所に

20m以上の高木・枯れ木・家に近い木は
今まではクレーン車を使い伐採していた木も
空師*の吊るし切りの技で
安全にリーズナブルに一本から伐採

別荘含め、八ケ岳山麓で暮らすみなさんの味方です

アットホーム=自分の家にいるようにくつろげるさま 家庭的
ということで、親しみの持てる雰囲気のロゴをデザインし
ポストカードサイズにコンパクトに「何ができるか」を記しました
身のまわの困りごとは森の便利屋さんが助けてくれます

必要とする人に届きますように




※空師とは…
身一つで地上20mの木に登り伐採する
天を衝くような巨木に登り、幹や枝を伐(き)り出す職人を「空師」と呼びます
江戸時代、空に一番近いところで仕事をすることから名づけられたといわれています
現在は、放置すれば人命や建築物などのすぐそばにあり作業が困難な木の伐採
倒す場所がないところの大木を「吊し伐り」という技術で伐出します






デザイン応援先: 森の便利屋さん アットホーム原村
size: 100×148mm (4c / 4c)
2018年
    19:40  Top

2018.07.06[金] 「玉川ケヤキフェス2018」チラシ・ポスター

TKF2018_bosyuflier_fin_omote_2.jpg

TKF2018_bosyuflier_fin_ura_2.jpg





デザイン応援先: 玉川地区コミュニティ運営協議会
Fb: 玉川地区コミュニティ!
デザインと絵: 富岡史棋
2018年
    13:05  Top
Pagetop