ふみ特「デザイン雑記帳」へようこそ

富岡史棋の日々のアイデアとその記録 

2012.02.10[金] 【思わず手にとるチラシづくり喫茶】の準備中

この講座の「賑やかし」か「景気付け」に
横断幕を描く


× 1回目:いまいちさびしくて賑やかしにならない
oc_kissa_20120203_1.jpg
oc_kissa_20120203_2.jpg


△ 2回目:かなり多めに絵の具を調合したのに、途中で切れてしまい
同じ色にするには赤が足らず、別の色でつづけてみたら、いまいちのでき
賑やかしにならない

oc_kissa_20120203_3.jpg


◎ 3回目:翌日、絵の具を買って、気をとりなおして向かう
賑やかし、まあ、こんな感じでしょう、OK牧場

oc_kissa_20120203_4.jpg
oc_kissa_20120203_5.jpg
oc_kissa_20120203_6.jpg


ネームプレートや小型案内板たち
oc_kissa_20120203_7.jpg
oc_kissa_20120203_8.jpg


そして、講座当日、会場に設置したところ
oc_kissa_20120205_1.jpg







ということで、何とか賑やかしの準備はギリギリ間に合いました
3回も描いたのは初めてだったけれど、多分、どうしたいのか定まっていなくて迷いがあったのでしょう
当日はこころを落ち着かせて講座に向かいました
市民協働センタースタッフのみなさんやデザイン応援団ヤナキさんに助けていただいたので
リラックスして楽しい空間になりました

ありがとうございます

(講座のレポートは別途まとめて後日公開します
参加してくださったみなさんのあたたかい気持ちにあふれた
しあわせな空間となりました、感謝しています、ありがとうございます
みなさんのチラシづくりと意思表示を応援しています)


ふみ特 富岡史棋






2012年
三鷹市市民協働センター


*市民協働センターで2011年2月にわたしにとって最初のチラシづくり講座をやらせていただきました
 記念すべき場所です、思い入れも大きいです
 この講座は「市民活動支援事業」という位置付けです、お役に立てるよう自分なりにやってみます
 声を掛けていただきましてありがとうございます
 三鷹っていいね

    11:40  Top

2012.02.09[木] 第5回「いちにち絵本喫茶」の風景

2012年1月28日(土)にひらいた、第5回「いちにち絵本喫茶」の風景


ehonkissavol5_1.jpg
ehonkissavol5_2.jpg
ehonkissavol5_3.jpg
ehonkissavol5_3_2.jpg
ehonkissavol5_3_3.jpg
ehonkissavol5_4.jpg
ehonkissavol5_3_4.jpg
ehonkissavol5_5.jpg
ehonkissavol5_6.jpg
ehonkissavol5_6_2.jpg
ehonkissavol5_6_3.jpg





●飛び入り歓迎「おやじのえほんよみきかせ」

ehonkissavol5_7.jpg
ehonkissavol5_8.jpg
ehonkissavol5_9.jpg
↑いつものおやじ


ehonkissavol5_10.jpg
ehonkissavol5_11.jpg
↑やさしい声の小林さん
いつも飛び入り参加ありがとうございます



ehonkissavol5_12.jpg
↑「いちにち絵本喫茶」店主が初参加
よみなれた絵本で、子供たちもよくきいている



ehonkissavol5_14.jpg
ehonkissavol5_13.jpg
↑「茅野だより」の鵜飼さん、「なつかしい」と言いながら、さすが、すっと声が届きました
取材じゃなくて、プライベートで、飛び入り初参加ありがとうございます



ehonkissavol5_15.jpg
ehonkissavol5_16.jpg
ehonkissavol5_17.jpg
↑原村のほっさん
飛び入り初参加ありがとうございます、男性の参加はとてもうれしいです
今後ともよろしく



そして、今回いちばん印象的だったこと

ehonkissavol5_18.jpg
ehonkissavol5_19.jpg
ehonkissavol5_20.jpg
↑長女+同じクラスの友達のHちゃんとのコンビで、よみきかせ初挑戦
(句点いくつ分で交代、というルールがあるみたい)
友達といっしょだからか、はずかしがらずによんでくれました
おやじとしては、驚きとうれしさとが入り混じった気持ち
ふたりともありがとう



ehonkissavol5_32.jpg
↑まだ字もよめないんだけど、ぼくもやりたい、という気持ち、分かるような気がする
結局、Sくんの代わりにお母さん(店主のいとこ、みほちゃん)がよんでくれました



さて、子どもたちも飛び入り参加したい「おやじのえほんよみきかせ」
いろんな方がいろんな絵本をよんでくださるから、きいていて面白い
いつも、何が飛び出すか分からないから面白い
いちにち絵本喫茶には毎回テーマがありますが
気にせず、どうぞ好きな絵本をよんでください
好き、という気持ちを持ち寄った空間にしたいです

ご参加くださいましたみなさん、ありがとうございます
そして、今後も「おやじのえほんよみきかせ」は飛び入り大歓迎です





ehonkissavol5_21.jpg






●「アトリエ談話室」と「アトリエ工作室」

ehonkissavol5_22.jpg

ehonkissavol5_23.jpg
ehonkissavol5_24.jpg
ehonkissavol5_25.jpg
ehonkissavol5_26.jpg





ehonkissavol5_27.jpg
↑近くの田んぼで雪あそび、子どもたちおおよろこび、オカノさんありがとう
(オカノさんのよみきかせの写真を撮影できず、ごめんなさい)


ehonkissavol5_28.jpg





●夜の部

ehonkissavol5_29.jpg
ehonkissavol5_30.jpg
ehonkissavol5_31.jpg
今回は終了後に来てくださった方が2組
ということで「おやじのえほんよみきかせ 夜の部」
娘は2冊もよみました





さて、今回の「いちにち絵本喫茶」
雪が積もる中、来てくださいましてありがとうございます
初めての方、いつもの方、ともにうれしいです
エネルギーを使って来てくださるということは
すごいことで、ありがたいことです

何度かお会いしていると、おはなしする回数も多くなり
次第に知り合いになっていくのが不思議です
地域の方々とのつながりが生まれ、素直にうれしいです

縁に感謝します


手伝ってくれたみほちゃんやいつも助けてくれるみなさん
ありがとうございます




2012年
    16:52  Top
Pagetop