ふみ特「デザイン雑記帳」へようこそ

富岡史棋の日々のアイデアとその記録 

2012.06.25[月] 第7回「いちにち絵本喫茶」の風景

2012年6月23日(土)にひらいた、第7回「いちにち絵本喫茶」の風景


ehonkissa_vol7_1.jpg
ehonkissa_vol7_2.jpg
ehonkissa_vol7_3.jpg
ehonkissa_vol7_4.jpg
ehonkissa_vol7_5.jpg
ehonkissa_vol7_11.jpg
ehonkissa_vol7_6.jpg
ehonkissa_vol7_7.jpg
ehonkissa_vol7_8.jpg
ehonkissa_vol7_9.jpg
ehonkissa_vol7_10.jpg
ehonkissa_vol7_12.jpg
ehonkissa_vol7_13.jpg
20120622_1-1.jpg
20120622_2-1.jpg







●和室にちゃぶ台の「おやじのえほんよみきかせ」

ehonkissa_vol7_o_1.jpg

ehonkissa_vol7_o_s1.jpg
ehonkissa_vol7_o_s2.jpg
ehonkissa_vol7_o_s3.jpg
↑小2の長女+同じクラスの友達たちと「。ひとつ」で交代しながらのよみきかせ
どうやらこのよみ方が楽しいようです


ehonkissa_vol7_o_k1.jpg
↑やさしい声の小林さん、いつも面白い物語の絵本をご紹介してくださいます

ehonkissa_vol7_o_so1.jpg
↑園部くんのよみきかせ、息子のsくんもいっしょに頁をめくっています
ほほえましい


ehonkissa_vol7_o_mi1.jpg
ehonkissa_vol7_o_mi2.jpg
かば製造業の山田実穂さん、大型絵本『かばくん』を持ってきてくれました

ehonkissa_vol7_o_o1.jpg
↑オカノ先生、てるてる坊主界のトラさん『ぼく、あめふりお』を持ってきてくれました
おとなたちがしみじみきいていました


ehonkissa_vol7_o_t1.jpg
↑やさしい声の滝沢さんが、久しぶりに飛び入りしてくださいました

ehonkissa_vol7_o_chi1.jpg
↑イラストレーターのこまつちひろさんが自作絵本『ちいちゃんとあかいセーター』をよんでくださいました
娘さんの笑顔がいいですね


ehonkissa_vol7_o_m1.jpg
でき太くんの算数クラブの三澤さんが『どんぐりのき』をよんでくださいました

ehonkissa_vol7_o_tsu1.jpg
「三鷹市星と森と絵本の家」の館長、築地さんが飛び入りしてくださいました
国立天文台の中にある「星と森と絵本の家」は、とっても居心地がいいオススメスポットです


ehonkissa_vol7_o_ma1.jpg
↑長女が三鷹でお世話になった「椎の実子供の家」の松谷先生が飛び入りしてくださいました

ehonkissa_vol7_o_to1.jpg
ehonkissa_vol7_o_to2.jpg
↑そして、いつものおやじ、よみ終わって、次女に抱きつかれ、首がしまっております



今回の「おやじのえほんよみきかせ」も盛りだくさんの絵本とよみ手で
たのしくあたたかい空間になったことをうれしく思います
飛び入り参加してくださったみなさんのおかげです
いつもありがとうございます







●「アトリエ談話室」と「アトリエ工作室」

ehonkissa_vol7_a1.jpg

ehonkissa_vol7_a2.jpg
ehonkissa_vol7_a3.jpg
↑山田実穂さんの「かば展」

ehonkissa_vol7_a4.jpg
ehonkissa_vol7_a5.jpg
↑「アトリエ工作室」今回は、床に紙を敷いてくつを脱いでリラックスしたスペースにしました
紙コマづくりなど、おとなの方が熱中する程で好評でした








●番外編:前日のアトリエ床そうじ

20120622_10-1.jpg
20120622_11-1.jpg
20120622_12-1.jpg
20120622_13-1.jpg
20120622_14-1.jpg
↑娘たちが手伝ってくれたおかげで、きれいになりました、そうじは気持ちいいね
娘たち、どうもありがとう








今回の「いちにち絵本喫茶」のテーマは「雨」
台風4号と5号が去った後の晴れ間、涼しい風を感じる気持ちいい日に開催しました

東京や松本からスタッフとして手伝いに来てくれる親類や友人
地域の方たちにも助けていただいて、無事にひらくことができました

今回のために、新しく本棚やチラシ棚を、店主である連れ合いがひとりでつくりました
わたしはほとんど何も手伝いませんでした、はた目にも、結構なエネルギーです
これは、「自発」が生み出すエネルギーなんだと思います


自宅を開放する、その日いちにちだけの絵本ブックカフェ
来てくださる方がいらっしゃるから成り立つのです

来てくださったみなさん
助けてくださったみなさん
ありがとうございます





広報デザインとサインボード類、「おやじのえほんよみきかせ」担当:ふみ特 富岡史棋
2012年
    20:56  Top

2012.06.20[水] 第6回「いちにち絵本喫茶」の風景

2012年3月24日(土)にひらいた、第6回「いちにち絵本喫茶」の風景


ehonkissa_vol6_1.jpg
ehonkissa_vol6_2.jpg
↑アラレが降る中での開催でした

ehonkissa_vol6_3.jpg
ehonkissa_vol6_4.jpg

ehonkissa_vol6_5.jpg
↑アトリエ工作室

ehonkissa_vol6_6.jpg
↑松本あかつぶ会のコーナー






●「おやじのえほんよみきかせ」

ehonkissa_vol6_o_1.jpg
ehonkissa_vol6_o_2.jpg
ehonkissa_vol6_o_3.jpg
ehonkissa_vol6_o_4.jpg
ehonkissa_vol6_o_5.jpg
ehonkissa_vol6_o_6.jpg
↑今回の飛び入りはご覧のように、子どもたちが大活躍
女の子たちに感化されて、思わず男の子たちも手をあげました(よみきかせは初体験)
「ぼくにもできそう」「やってみようかな」
和室にちゃぶ台がつくり出す、敷居の低さというか、気軽に参加できる雰囲気というか
これが「おやじのえほんよみきかせ」の特徴です
子どもたちがよみきかせをして、そのまわりで子どもたちがきいている光景は、ほほえましいものです


ehonkissa_vol6_o_7.jpg
↑やさしい声の丸山さん、『やまのディスコ』をよんでくれました

ehonkissa_vol6_o_8.jpg
↑原村のほっさんが『からすのパン屋さん』をよんでくれました
 いつも家族みんなで来てくれてありがとう


ehonkissa_vol6_o_9.jpg
↑『だんだんやまのそりすべり』ゆかりんに合わせて、子どもたちがいっしょに声を出してくれました

ehonkissa_vol6_o_10.jpg
ehonkissa_vol6_o_11.jpg
↑ゆかりんが『みえないばくだん』をよんでくれました、そうだね、ほんとうのことだね

ehonkissa_vol6_o_12.jpg
↑サプライズ飛び入りの尺八演奏、童謡にいやされました、ムトウさんありがとうございます

ehonkissa_vol6_o_13.jpg
↑いつものおやじ、『もりのなか』『ふしぎなナイフ』『どんぐりのき』『ふくしまからきた子』

*もうおひとり、原さんが、娘さんのお気に入り絵本『あと10ぷんでねるじかん』をよんでくださいました
自分が好き、誰かが好き、そういう絵本を持ち寄ったよみきかせは、あたたかい空間になります
(写真撮影できなくてごめんなさい)



第6回目の「いちにち絵本喫茶」も無事にひらくことができました
来てくださったみなさん、助けてくださった知人友人ご近所のNさん
いつもありがとうございます

今回は松本からゆかりんがスタッフとして手伝いに来てくれました
助けていただいて、本当にありがとうございます

彼女はこういう活動をされています

【松本あかつぶ会】
【手をつなぐ3.11信州】
【手をつなぐ3.11信州ブログ】

おやじはゆかりんに『どんぐりのき』をよんでエールを贈りました



2011.3.11から一年が経ちました
放射能をどうするのか
原発をどうするのか
エネルギー問題をどうするのか
子どもたちをどう守るのか
どう生きるのか
いつも頭の中がぐるぐるまわっています

日常の中の何気ない子どもたちの笑顔
不安との対比

地球の上ではおとなも子どもも、全ての生きものがみな、地球の子ども
政治家も地球の子ども

どうか、いのちがつづきますように
視点を変えて、大切なことに気付きますように



「いちにち絵本喫茶」は、せめてもの我が家としてできること

楽しみの種まき
笑いの種まき





(遅ればせながらのレポートとなりました)

広報デザインとサインボード類、「おやじのえほんよみきかせ」担当:ふみ特 富岡史棋
2012年
    00:00  Top
Pagetop