FC2ブログ

ふみ特「デザイン雑記帳」へようこそ

富岡史棋の日々のアイデアとその記録 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2018.08.05[日] 「Yoik and Kiyari Project 2018」ポスター / チラシ / ポストカード

・B1ポスター
B1_poster_Yoik_s.jpg
B1_poster_Kiyari_fin_s.jpg

・ポストカード
20180818_YKP2018_DM.jpg






デザイン応援案件




伝統の声が創る 新しい諏訪の力
Yoik and Kiyari Project 2018

2018年11月11日[日] 13:30開演(13:00開場)
茅野市民館コンサートホール

【プログラム】
・シンポジウム「サーミ文化承継の取組み」13:30〜
・コンサート「木遣とヨイク 声の共演」14:45〜

\〈ファンクラブ〉サーミ・フレンズ募集中/
一次募集:先着150名 募集期間:2018年9月6日(木)まで
特典:コンサートチケット先行割引販売 など
   (一般販売価格4,500円→3,500円に)

---

北欧ノルウェー社会を参考に
諏訪地域の将来像を探る


その地ならではの自然、そこで育まれた言葉、歌、習慣、歴史、
守られてきたものが持つ力強さと美しさがあります。
一方、日々の変化や進歩の中で、古きものとのバランスは難しい。
私たちにとって、変わらず残すべきものとは何でしょうか。
特に、将来を担う地域の学生、彼らのお母さん方と考えたい。
そのために、このプロジェクトを立ち上げました。
欧州の北極圏で困難を経て、守られてきたサーミ民族のヨイク。
諏訪地域の御柱祭を通じて伝えられる木遣唄。
遠く8000キロ離れた伝統の声が、
世界で初めて、諏訪で交わる機会をつくります。
ぜひ、心揺さぶられる声の体験を共有しましょう。
2018年11月11日
長野県茅野市でお会いするのを楽しみにしています。

Yoik and Kiyari Project 2018 Global Team

(チラシより転載)

---

Performers: Chino-city Kiyari Preservation Society / Mikkel Rasmus Logje / Katarina Barruk

Planning and Production: Yoik and Kiyari Project 2018
Producer: Nobuhiko Morioka / Toshiyuki Natori
Director: Haukur J. Gunnarsson
Stage Manager: Kenji Oshima

Supported by: Norwegian EmbassyTokyo / Scandinavia-Japan Sasakawa Foundation / Nagano prefecture, Japan
Partner: THE SAMI NATIONAL THEATRE BEAIVVÁŠ / ÅARJELHSAEMIEN TEATERE
Organizer: Yoik and Kiyari Project 2018 Co-organizer: Chino Cultural Complex
Administration: Kiyari and Yoik Committee in Suwa, Nagano

Designing: Fumiki Tomioka 
Photo: Aslak Mikal Mienna, Nobuhiko Morioka 
Model: Ann Majbritt Eriksen, Chino-city Kiyari Preservation Society 
Calligraphy: Futou Tomioka

2018年
スポンサーサイト
    21:57  Top
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。