ふみ特「デザイン雑記帳」へようこそ

富岡史棋の日々のアイデアとその記録 

2012.06.25[月] 第7回「いちにち絵本喫茶」の風景

2012年6月23日(土)にひらいた、第7回「いちにち絵本喫茶」の風景


ehonkissa_vol7_1.jpg
ehonkissa_vol7_2.jpg
ehonkissa_vol7_3.jpg
ehonkissa_vol7_4.jpg
ehonkissa_vol7_5.jpg
ehonkissa_vol7_11.jpg
ehonkissa_vol7_6.jpg
ehonkissa_vol7_7.jpg
ehonkissa_vol7_8.jpg
ehonkissa_vol7_9.jpg
ehonkissa_vol7_10.jpg
ehonkissa_vol7_12.jpg
ehonkissa_vol7_13.jpg
20120622_1-1.jpg
20120622_2-1.jpg







●和室にちゃぶ台の「おやじのえほんよみきかせ」

ehonkissa_vol7_o_1.jpg

ehonkissa_vol7_o_s1.jpg
ehonkissa_vol7_o_s2.jpg
ehonkissa_vol7_o_s3.jpg
↑小2の長女+同じクラスの友達たちと「。ひとつ」で交代しながらのよみきかせ
どうやらこのよみ方が楽しいようです


ehonkissa_vol7_o_k1.jpg
↑やさしい声の小林さん、いつも面白い物語の絵本をご紹介してくださいます

ehonkissa_vol7_o_so1.jpg
↑園部くんのよみきかせ、息子のsくんもいっしょに頁をめくっています
ほほえましい


ehonkissa_vol7_o_mi1.jpg
ehonkissa_vol7_o_mi2.jpg
かば製造業の山田実穂さん、大型絵本『かばくん』を持ってきてくれました

ehonkissa_vol7_o_o1.jpg
↑オカノ先生、てるてる坊主界のトラさん『ぼく、あめふりお』を持ってきてくれました
おとなたちがしみじみきいていました


ehonkissa_vol7_o_t1.jpg
↑やさしい声の滝沢さんが、久しぶりに飛び入りしてくださいました

ehonkissa_vol7_o_chi1.jpg
↑イラストレーターのこまつちひろさんが自作絵本『ちいちゃんとあかいセーター』をよんでくださいました
娘さんの笑顔がいいですね


ehonkissa_vol7_o_m1.jpg
でき太くんの算数クラブの三澤さんが『どんぐりのき』をよんでくださいました

ehonkissa_vol7_o_tsu1.jpg
「三鷹市星と森と絵本の家」の館長、築地さんが飛び入りしてくださいました
国立天文台の中にある「星と森と絵本の家」は、とっても居心地がいいオススメスポットです


ehonkissa_vol7_o_ma1.jpg
↑長女が三鷹でお世話になった「椎の実子供の家」の松谷先生が飛び入りしてくださいました

ehonkissa_vol7_o_to1.jpg
ehonkissa_vol7_o_to2.jpg
↑そして、いつものおやじ、よみ終わって、次女に抱きつかれ、首がしまっております



今回の「おやじのえほんよみきかせ」も盛りだくさんの絵本とよみ手で
たのしくあたたかい空間になったことをうれしく思います
飛び入り参加してくださったみなさんのおかげです
いつもありがとうございます







●「アトリエ談話室」と「アトリエ工作室」

ehonkissa_vol7_a1.jpg

ehonkissa_vol7_a2.jpg
ehonkissa_vol7_a3.jpg
↑山田実穂さんの「かば展」

ehonkissa_vol7_a4.jpg
ehonkissa_vol7_a5.jpg
↑「アトリエ工作室」今回は、床に紙を敷いてくつを脱いでリラックスしたスペースにしました
紙コマづくりなど、おとなの方が熱中する程で好評でした








●番外編:前日のアトリエ床そうじ

20120622_10-1.jpg
20120622_11-1.jpg
20120622_12-1.jpg
20120622_13-1.jpg
20120622_14-1.jpg
↑娘たちが手伝ってくれたおかげで、きれいになりました、そうじは気持ちいいね
娘たち、どうもありがとう








今回の「いちにち絵本喫茶」のテーマは「雨」
台風4号と5号が去った後の晴れ間、涼しい風を感じる気持ちいい日に開催しました

東京や松本からスタッフとして手伝いに来てくれる親類や友人
地域の方たちにも助けていただいて、無事にひらくことができました

今回のために、新しく本棚やチラシ棚を、店主である連れ合いがひとりでつくりました
わたしはほとんど何も手伝いませんでした、はた目にも、結構なエネルギーです
これは、「自発」が生み出すエネルギーなんだと思います


自宅を開放する、その日いちにちだけの絵本ブックカフェ
来てくださる方がいらっしゃるから成り立つのです

来てくださったみなさん
助けてくださったみなさん
ありがとうございます





広報デザインとサインボード類、「おやじのえほんよみきかせ」担当:ふみ特 富岡史棋
2012年
    20:56  Top
Pagetop