ふみ特「デザイン雑記帳」へようこそ

富岡史棋の日々のアイデアとその記録 

2012.07.17[火] 星と森と絵本の家 展示デザイン

星と森と絵本の家
平成24年7月7日から平成25年6月30日までの新しい展示
『見る・知る・感じる絵本展「宇宙で いきてる」』

宇宙の絵本を通して、宇宙に流れる137億年の長い年月と
大きな宇宙の中にいる「わたしたち」に思いをふくらませてください
絵本作家・スズキコージさんによる描きおろしの大きな原画も展示されています
↑(オフィシャルサイトより、展示紹介文転載)



展示の一部「ひらいてみよう宇宙のとびら」と「一つぶよ パネル」のデザイン案件




hoshimori_tobira_1.jpg

hoshimori_tobira_2.jpg

hoshimori_tobira_3.jpg


hoshimori_hitotsubuyo.jpg






・アイデアスケッチなど

20120531_tomi_sketch_1s.jpg

20120703_tobira_tomi.jpg

20120703_tobira_tomi_2.jpg




・設営風景

20120704_8.jpg
星と森と絵本の家は、国立天文台の中にある

20120704_10.jpg
中庭と縁側

20120704_11.jpg
縁側沿いの長い廊下

20120704_12.jpg
廊下からのぞく中庭

20120704_13.jpg
和室に寝転ぶ

20120704_14.jpg
天井を見上げる

20120704_15.jpg
お茶で一息

20120704_17.jpg
手伝ってくれた出口さん

20120704_21.jpg
祝3周年「星と森と絵本の家」(出口さん作)

20120704_22.jpg
受付カウンター下のジオラマ(神沢利子展プロジェクトのみなさん作)



星と森と絵本の家
絵本を手にとって、和室でねころんで、中庭で木工したり、ハンモックや井戸であそんだり
居心地よくてオススメの場所です

*有料駐車場も新設



館長の築地さん、スタッフの谷口さん、作業を手伝ってくれた出口さん
関係者のみなさん、ありがとうございます






2012年
cl: 三鷹市星と森と絵本の家
    23:29  Top
Pagetop