ふみ特「デザイン雑記帳」へようこそ

富岡史棋の日々のアイデアとその記録 

2016.02.10[水] 平成29年度 茅野市民館 よりあい劇場(活動紹介・アイデア発表) リーフレット

・表面
yoriaigekijo_omote.jpg

・中面
yoriaigekijo_naka.jpg

・裏面
yoriaigekijo_ura.jpg



・アイデアスケッチ
sketch_20160112_1s.jpg


yoriaijekijo_taiwa.jpg
・先ずは、対話しましょう





平成29年度 茅野市民館 よりあい劇場(活動紹介・アイデア発表)
アートディレクションとリーフレットのデザイン案件
市民提案のアイデアを主催事業につなげる仕組みづくりが面白かったです
市民館のみなさん、アイデア出しをありがとうございます
ぺちゃくちゃないとの短縮版ような「よりあい劇場」
盛会になりますように



以下、リーフレットより転載↓

市民館では毎年主催事業提案を募集しています

茅野市民館/茅野市美術館には、「市民一人ひとりが主人公になれる場」という理念をもとに、
文化・芸術をとおして地域の糧になることを実施する役割があります。
…といっても、「ブンカ・ゲージツなんてムズカシイことには縁がない」と思っている人も多いはず。
でも、暮らしのなかで「こんな素敵なことがある」「これは大事にしたい」といったことは、
個々に持っているのではないでしょうか。
そんな、いろいろな人の思いや、さまざまな表現への興味から、「いま、ここ」に必要な「文化の種たね」を見つけるため、
市民館では毎年「主催事業」の提案を募集しています。
そして、さまざまな種が、いくつもの主催事業のなかで花開き、地域の文化として
実を結び始めているものもあります。

事業案として「採用/不採用」するのではなく、提案に込められた思いを事業に生かしています。



【寄り合い】?【 劇場】?

諏訪地域では、身近な人たちが顔を合わせ、身の回りのお知らせを伝え合い、
話を聞き合う集まりを【寄り合い】と呼んでいます。
そんな【寄り合い】を、いろいろな人やものごとが出会い、
思いがけない世界が生まれる【劇場】仕立てでやってみるのが、「茅野市民館 よりあい劇場」。
一人ひとりが大切にしている活動や、面白いアイデアを持ち寄り、
その中の「いいね!」を見つける「いいとこみっけ!」の集まりです。







size: A3二つ折り (4c, 4c)
cl: 茅野市民館
2016年
    17:59  Top
Pagetop