FC2ブログ

デザイン雑記帳

富岡史棋デザイン室/日々のアイデアと記録 

2020.11.22[日] 「玉川ケヤキウィーク」広報ツールデザイン

・告知チラシ
TKW2020_flier_fin_s.jpg


・パンフレット
TKW2020_PAMP1s.jpg
TKW2020_PAMP2s.jpg
TKW2020_PAMP3s.jpg



・玉川ケヤキフェス準備室のミーティングの様子
(7/18のフェスをやるかどうかを決める会)
20200718_TKW_1.jpg
20200718_TKW_2.jpg
20200718_TKW_3.jpg
20200718_TKW_4.jpg
20200718_TKW_5.jpg
20200718_TKW_6.jpg
20200718_TKW_7.jpg

(11/21の振り返りの会)
20201121_TKW_1.jpg
20201121_TKW_2.jpg
20201121_TKW_3.jpg
20201121_TKW_4.jpg






コロナ禍で人が集まるイベントはのきなみ中止の中
3000人以上が集う玉川地区恒例のコミュニティまつり「玉川ケヤキフェス」も
中止にせざるをえないという空気が流れました

開催を検討するのは、玉川ケヤキフェス準備室
玉川地区コミュニティ運営協議会に関わる方々や
歴代のコミュニティセンター所長や職員、福祉やデザインに関わるメンバーで構成されています
わたしは、アートディレクションやデザインやアイデア出しで関わっています

「地域の飲食店を何とか応援したい」
「コミュニティづくり=人と人とのつながりを生む、このフェスを中止にするのはもったいない」など
何とかいいアイデアがないものかと話し合いを重ねる中で
「一ヶ所に大勢の人が集えないならば、分散して出かけよう」という逆転の発想が生まれました

新型コロナウイルス感染症予防の対策をした上で
玉川の魅力を再発見できる5つのイベントン柱を打ち出して
土日二回をはさんだ特別な9日間という、ゆったりした期間で無事に開催できました

対話と変化
関係性と柔軟性

玉川ケヤキフェスに関わる人たちは
ポジティブな対話ができて、なかなか気持ちいいのです

準備室のみなさん、ありがとうございます
企画運営に関わっていただきましたみなさん、ありがとうございます
協力いただいた飲食店、施設、企業のみなさん、ありがとうございます
玉川ケヤキウィークに参加してくれたみなさんも、ありがとうございます

まちづくりはつづいていきます





デザイン応援先: 玉川地区コミュニティ運営協議会
Fb: 玉川地区コミュニティ!
2020年
    08:00  Top
Pagetop